2008年06月28日

インプラントと年齢

Cvg,N.gifインプラント治療が必要な方、つまり歯を失った方は高齢者が多いのが現実です。
しかし高齢者の方がよくおっしゃられることが、『私ももう歳だから・・・』。
確かに、高齢者は若年者に比べて、創傷治癒が遅いと言われています。骨折をした時、若年者の固定期間は高齢者の固定期間よりも短くてすみます。これは血管や細胞の機能が変化しているためです。
このことは、たくさんの科学者によって研究されてきました。研究の結果、高齢者は若年者に比べて治癒に時間はかかるが、最終的な治癒に差はないといわれています。これは、骨・歯ぐき共にいえることです。

インプラントの治療実績の研究も行われてきました。
1998年ザーブらの論文によれば、高齢者にも若年者と同様にインプラント治療が可能であり、予知性も高いと示されています。
年齢でインプラント治療ができないということは、ありません。ただし、全身の管理を適切に行うことが必要です。

一方、若年者はどうでしょうか。
1996年コッホの論文では、インプラントは顎骨の成長に対応しないため、成長期を終えた後に行うべきとされています。ここでいう成長を終えたとは、3年間で0.5cm以下の成長を指します。具体的には男性18歳以下、女性16歳以下は対象外と、されています。
ただし、もともと歯が複数ない方(先天性無歯顎症など)は例外とされています。
インプラント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16442496
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック